【LoR】MF / セジュアニ ミッドレンジ デッキ解説(パッチ1.2対応)【ルーンテラ】

セジュアニ

デッキレシピ

デッキレシピ(日本語)は以下のURLになります。

DeckCode: CEBACAQBAIEAEBQEBAFRMIJNGE5AEAICAEDQKAQGAUIREFA4AEAQEBR4

はじめに

MFはミス・フォーチュンのことを指します。

・ランク戦の環境及び相性

 ・増加もしくは安定して環境にいるもの(ご紹介したデッキとの相性)

 〇:有利 △:五分五分 ×:不利

  • ハイマーコントロール(〇)
  • セジュアニ/アッシュ(〇)
  • カルマ/エズリアルコントロール(〇)
  • MF(ミス・フォーチュン)/セジュアニ(△)
  • イルーシブアグロ(△)
  • マオカイ/ノーチラス(×)
  • 留まりしものたちOTK(×)

減少傾向にあるもの

  • TF/GP(△)

参考にしたリンクについても貼っておきますので、気になった方はご覧ください。(Meta statusのところ)

Legends of Runeterra (LoR) Champion Stats
See the most up-to-date Legends of Runeterra champion statistics by win rate, play rate, and games played.

マリガンについて

マリガンを行う場合、組み合わせを意識していただけると安定した動きに繋がります。

◆先行の場合

・コスト1ユニット – 「ドレッドウェイの上級船員」or「ミス・フォーチュン」

このデッキは追撃が使えないと負けに直結します。ですので、「ドレッドウェイの上級船員」は火薬樽召喚効果だけでなくコスト1ユニット召喚の効果を使用することも重要です。

相手のブロック可能なユニット数以上にこちらのユニットを展開することが重要です。

◆後攻の場合

・「レイニングバレット」- 「ドレッドウェイの甲板員」 

火薬樽をこちらのアタックターンで出すため破壊されることが少なく、相手のユニット展開を抑制できます。

・単体でキープしておきたいもの

・「ジャギドの解体屋」、「ペテン師ヨードル」

「ジャギドの解体屋」は1コス2/2、追撃時3/3という化け物です。

「ペテン師ヨードル」は「鉛の忠告」を生成し、相手のデッキから奪える優秀なカードなのでキープしましょう。

・「ブラックマーケットの商人」or「盗品」

ドローできるからセットでキープしたほうがいいのでは?と思われるかもしれませんが、

初期手札4枚のうち追撃が発動しないと使えないカードが半分を占めることになりますので、自分の行動を制限することになります。

マリガンについてまとめると・・・

  • 組み合わせを意識できるカードがきているのであれば、それを意識する
  • 何も来ていなければ「単体でキープしておきたいもの」通りに行う です。

プレイングについて

〇基本的なプラン

・序盤~中盤(1~4マナ)

セジュアニのレベルアップ条件を達成できるようにプレイしていきます。

この時、「鉛の忠告」をバンバン使うのはやめたほうが良いでしょう
バーストスペルで相手に確定ダメージを与えられるカードはこれだけなので、できるだけユニットの攻撃でダメージを与えましょう。

◆先行((ターン毎の展開例))

「ジャギドの解体屋」→パス→「ドレッドウェイの上級船員」or MF から「盗品」→ 「ペテン師ヨードル」

後攻((ターン毎の展開例))

「ジャギドの解体屋」→「ドレッドウェイの甲板員」→ 「レイニングバレット」などの除去スペル or MF→「ペテン師ヨードル」

※1.「ジャギドの解体屋」の追撃効果は無理に狙う必要はありません!相手が序盤から展開しないデッキの時は1ターン目から出しましょう。            

※2.相手の展開が早い場合は、火薬樽→「レイニングバレット」で除去

          

・中盤~終盤(5~6マナ)

この段階でセジュアニのレベルアップ条件の60%(3回ダメージ)程度を達成しているかと思います。

ここあたりが一番厳しいターンで、相手の高ステータスユニットに対処できず、追撃が発動しないため負けるパターンが多くなっています。

なので・・・「鉛の忠告」や「偽りの発砲」を使用してセジュアニがレベルアップできるように無理やりしてしまいましょう。

・終盤~ラスト(6マナ~)

セジュアニをレベルアップさせ一気にゲームを終わらせに行きます。

「鉛の忠告」や「荒波のレックス」で相手を凍結 or 除去 → 「柑橘類の運搬員」で奮起し止め

対ハイマーコントロール

このデッキに対しては意地でも「ハイマーディンガ」を破壊しましょう。

・マリガンについて

キープカード:
1.「レイニングバレット」
2.「偽りの発砲」
3.火薬樽を生成できるユニット
4.「ミス・フォーチュン」

・ユニットの処理について

イルーシブユニットを「レイニングバレット」で一掃します。

多くのプレイヤーは「ヴァイ」を先出し、そこに除去スペルを使わせることで「ハイマーディンガー」を安定して召喚できるようにしています。

なので、「ヴァイ」をスルーし、「ハイマーディンガー」に対して除去スペルを全力で使いましょう。

・プレイングについて

序盤はそこまで動けないデッキなので、低コストユニットを展開して殴り続けることが大切です。

対イルーシブアグロ

・マリガンについて

キープカード:
1.「レイニングバレット」
2.「偽りの発砲」
3.「雇われの殺し屋」

・プレイングについて

無防備を「グリーングレイドの二人組」、「孤高の僧」に付与し除去します。

「盗品」や「ブラックマーケットの商人」でカードを奪い、それを展開していきます。イルーシブ持ちを奪えた場合、優先的にプレイしていきます。

特に注意すべきカード

「グリーングレイドの二人組」、「孤高の僧」

「ノクサスの狂熱」、「皆殺しの斧」

「ノクサスの狂熱」と「皆殺しの斧」だけで7点もらいます。

この圏内にならないようにしましょう

対留まりOTK

・プレイングについて

セジュアニをいかに早くレベルアップさせられるかがポイントになっています。

相手の残虐に合わせて凍結を行い、ダメージをなくします。

ただ相手の手札リソースやユニットも優秀なので、やや不利対面になります。

マオカイ/ノーチラスのディープデッキへの対処法も同じで、セジュアニをレベルアップ→全体凍結を行います。

〇その他のデッキ

基本プラン通りに行います!

採用理由について

構築は基本的なMF/セジュアニのため、そこまで解説は必要ないかと思います。

以下のカードは構築者によって異なるかと思いますので解説させていただきます。

〇「海賊の射撃手」について:セジュアニのレベルアップ条件を達成することが最も重要なことなので採用しました。以前3枚採用をしていたのですが、枚数が多いとステータスの低さが邪魔をするため、1枚採用になりました。

〇「ドレッドウェイの甲板員」と「ドレッドウェイの上級船員」について:アグロデッキが増えているため、MFや「レイニングバレット」で除去できる範囲を増やすために採用しました。

特に「ドレッドウェイの上級船員」は1コストのユニットを召喚できるので、ネクサスへのダメージを与えやすくなる点も優秀です。

おわりに

今回は環境でよく使用されているデッキを紹介させていただきました。

よく見かけるけどどんな動きすれば良いのかわからないといった方の参考になったらと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このチャンピオンを使った他のデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました