【LoR】ハイマー / ラックス コントロール デッキ解説(パッチ1.2対応)【ルーンテラ】

デッキ解説

デッキレシピ

デッキレシピ(日本語)は以下のURLになります。

DeckCode: CEBQCAQABEBACBATHADQCAAPC4NCCKBKF4BQCAIAGIAQEAAFAIAQIGZRAIAQEAABAEAQIDQ

はじめに

今回もあまり見かけないデッキを0から作ってみました。

「ヴァイ」は体力が下方修正され、盤面に残りづらくなりました。そこで「ラックス」の盤面制圧力で「ハイマーディンガー」がいなくても動けるというデッキコンセプトに仕上げました。

ランク戦の環境及び相性

 ・増加もしくは安定して環境にいるもの(ご紹介したデッキとの相性)

 〇:有利 △:五分五分 ×:不利

  • セジュアニ/アッシュ(〇)
  • カルマ/エズリアルコントロール(〇)
  • ハイマーコントロール(△)
  • MF(ミス・フォーチュン)/セジュアニ(△)
  • マオカイ/ノーチラス(△)
  • 留まりしものたちOTK(△)
  • イルーシブアグロ(×)

参考にしたリンクについても貼っておきますので、気になった方はご覧ください。(Meta statusのところ)

https://lor.mobalytics.gg/stats/champions」    

 ※別タブで開かないためご注意ください

マリガンについて

マリガンを行う場合、組み合わせを意識していただけると安定した動きに繋がります。

◆相手の序盤展開が弱いデッキタイプの場合

「熱心な助手」 – 「追悼」or「無認可の発明品」

この組み合わせをやってみたくて組んでみたのですが、やっぱり強いですね。2ターン目と3ターン目にしっかりとユニットを出せるので無駄がなくなります。

◆相手の序盤展開が強いアグロな場合

「熱心な助手」– 「承継」 

相手のユニットをブロックすることが大切なのでこれでいきましょう

環境別マリガン

・対留まりOTK

→「浄化」、「熱心な助手」、「承継」、できたら「光輝の守護者」

ブッチャーや「枯れ地の世話人」で序盤展開が早いとき以外はほとんど勝てるので、その対策用に「承継」等をキープします。

「留まりし者たち」に使いましょう

・対ハイマーコントロール

→「果し合い」、「メイジ狩りの門罪官」、6コストのスペル

「メイジ狩りの門罪官」はステータスが4/3になるため、「超エキサイティン!」以外では破壊されないので、チャンレンジャーで引っ張って「ハイマーディンガー」を破壊しましょう。

・対アグロ系

→「サーモジェニックビーム」、「光輝の守護者」

相手のユニットを直接除去できるカードはこれだけなので、「真紅の信奉者」などダメージ源となるユニットに使ってください。

その後、「光輝の守護者」で回復を重ねながら巻き返します。

このデッキは相手に合わせてマリガンを変えていくデッキタイプなので、テンポなのかアグロなのかなどを判断して行ってください

プレイングについて

〇基本的なプラン

・序盤~中盤(1~4マナ)

パス→「熱心な助手」→「追悼」→「メイジ狩りの門罪官」or「斑白のレンジャー」      

・中盤~終盤(5~6マナ)

「光輝の守護者」→「ラックス」or「ハイマーディンガー」

このあたりでどっちを先に出すのかで迷うかと思います。

このデッキは「双の行」などが入っていないので、「ハイマーディンガー」を守れません。

ですので・・・「ラックス」出し→除去してもらう→「ハイマーディンガー」の順に出すと安定して盤面に残せます。

・終盤~ラスト(6マナ~)

「ラックス」が盤面にいるルート:「光輝の守護者」や「追悼」で高ステータスユニットを展開していきます。

※「ファイナルスパーク」は6マナで生成されるので、なるべく6マナびったりになるように使って無駄を減らしましょう

「ハイマーディンガー」が盤面にいるルート:常にユニットを展開できるようにタレットを生成します。タレットでブロックし「光輝の守護者」を出しましょう。

※タレットといえば3コスのあれが有名ですが、「光輝の守護者」が採用されているので、どのタレットでもOK

対ハイマーコントロール

このデッキに対しては意地でも「ハイマーディンガー」を破壊しましょう。

・プレイングについて

「浄化」はチャンピオンには使えないので「孤高の僧」のイルーシブを抹消するように使いましょう!

「ハイマーディンガー」は「果し合い」、「連携攻撃」、チャレンジャーで早期に破壊しましょう。

ここさえ除去してしまえば、後は基本プラン通りで問題ありません。

対イルーシブアグロ

・プレイングについて

1~4ターンを「熱心な助手」や「承継」、メイジ狩り(6コストスペル使ってなくても出しましょう)で何とかネクサスが一桁にならないように耐えます。

5ターン目から「光輝の守護者」を出して回復していきます。

ここまで耐えられたらほぼ100%負けません(これがなかなか決まらなくて負けるパターンが非常に多いです・・・)

※「光輝の守護者」に「果し合い」を使って無理やり回復するプレイングがとても便利ですよ

特に注意すべきカード

「グリーングレイドの二人組」、「孤高の僧」

「ノクサスの狂熱」、「皆殺しの斧」

「ノクサスの狂熱」と「皆殺しの斧」だけで7点もらいます。

対処法がないので諦めましょう

対留まりOTK

・プレイングについて

「浄化」を「留まりし者たち」に放てば1/1のかわいい奴になります。

このデッキとの負けパターンは一つしかありません

「魔樹の獣」、「貪欲なブッチャー」等の低コストユニットを展開されて負けるルートです。

これを防ぐために・・・

  • 「垣間見えた彼岸」の対象に「果し合い」を使って妨害
  • 「ネバーグレイドの回収人」をチャレンジャーなどで絶対に除去する
  • 「光輝の守護者」などの高ステータスユニットで相手にブロックを強要させる

ことが重要になります・・・

採用理由について

①「ミスティックショット」などの除去カードが入っていない理由について

序盤で使える除去カードとして優秀ですが、このデッキは6コストスペルを使用しメイジ狩りを強化することが主軸となっています。

そのため、序盤で6マナを溜めるために「ミスティックショット」等は入っていません!

②「無認可の発明品」について

①の説明ですと3枚いれたほうがいいのでは?となるかと思います。

「進歩の日」がなくともリソースは十分に稼げるので、安定性を向上させる意味でも3枚採用にするのはむしろ〇かもしれません

ラックスと進歩の日を合わせた時のセリフがかわいいので使ってま

おわりに

リソース力、ユニットのスペック、どれも一線級なので使っていてとても楽しいデッキに仕上がりました!

カードゲームしてる感があるので是非遊んで楽しんでください!(特に留まりし者たちに浄化が決まったときはとんでもないことになります)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このチャンピオンを使った他のデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました