【LoR】ゼド イルーシブ アグロ デッキ解説(パッチ1.2対応)【ルーンテラ】

ゼド

デッキレシピ

デッキレシピ(日本語)は以下のURLになります。

DeckCode: CEBAEAIBAQLASAICAIDASEIXFAWDEOICAEBACBYCAEBAYFIBAEAQEMI

はじめに

前回紹介したデッキはチャンピオンを使わない型で安めに作れるものでしたが、今回は現環境でトップクラスに強いアグロデッキをご紹介します!

今週末でランクのシーズンが終了してしまいますので、手っ取り早くランクを上げたい方は是非使ってみてください!

ランク戦の環境及び相性

 ・増加もしくは安定して環境にいるもの(ご紹介したデッキとの相性)

 〇:有利 △:五分五分 ×:不利

  • セジュアニ/アッシュ(〇)
  • マオカイ/ノーチラス(〇)
  • イルーシブアグロ(〇)
  • ハイマーコントロール(△)
  • 留まりしものたちOTK(△)
  • MF(ミス・フォーチュン)/セジュアニ(×)

 ・弱点

  →TF(ツイステッド・フェイト)型の盗品デッキ

参考にしたリンクについても貼っておきますので、気になった方はご覧ください。(Meta statusのところ)

https://lor.mobalytics.gg/stats/champions」    

 ※別タブで開かないためご注意ください

マリガンについて

マリガンを行う場合、組み合わせを意識していただけると安定した動きに繋がります。

◆先行の場合

1コストユニット – 「ナヴォリの密謀者」

「ナヴォリの盗賊」⇒1ターン目でアタック、2ターン目で「ナヴォリの密謀者」※「ナヴォリの盗賊」を戻して再利用

「オーメンホーク」⇒「オーメンホーク」を「ナヴォリの密某者」で戻して再利用!

「ゼド」 – 「双の行」or「アイアンエリクサー」

先行であれば、3マナが溜まった時点で「ゼド」で攻撃できます。

この時点でスペルマナが3マナ貯蔵してあるので、「ゼド」を除去しにきたカードにあわせて「双の行」などを合わせます。

後攻の場合

「オーメンホーク」– 「ナヴォリの密謀者」 

「オーメンホーク」を使いまわしてステータスを底上げしていきましょう。

「グリーングレイドの二人組」- 「アイアンエリクサー」

「グリーングレイドの二人組」がメインダメージ源になるので、ここを守ってユニットの質を保ちましょう

特に相手も同じデッキの場合、相打ちを避けることが最も勝ちにつながるためキープ

〇単体キープカード

「ゼド」と「影の暗殺者」がいる場合、先行であれば「ゼド」からプレイをします。

後攻の場合は「影の暗殺者」を出した後に「ゼド」を出します。除去カードを「影の暗殺者」に使ってもらうためです。

環境別マリガン

・対アグロ系

→「アイアンエリクサー」、「双の行」、「ゼド」

相打ちにならないようにするのが第一!

・その他のデッキ

上の基本的なマリガンを守るのが一番大事です!

プレイングについて

〇基本的なプラン

・序盤~中盤(1~4マナ)

1マナユニット→「ナヴォリの密謀者」or「グリーングレイドの二人組」→「ゼド」→「均衡の先導者」     

・中盤~終盤(5~6マナ)

「貴石を纏う守護者」→「均衡の命刀」など→「ウィンドフェアラーの幼翼」

ここで全体をバフして止め

※「貴石を纏う守護者」でステータスアップするユニットは相手の除去カードの値に合わせて選んでください

例) 「超エキサイティン!」がある場合、体力4にする

対ハイマーコントロール

・プレイングについて

「ミスティックショット」等の除去カードや「孤高の僧」などのイルーシブも入っているため、中々攻めきれない盤面が多いと思います。

いくら除去カードがあるとは言っても、ハイマーのリソース力はそこまでありません。

ですので、序盤のユニットを破壊させる→「貴石を纏う守護者」→「ウィンドフェアラーの幼翼」→「双の行」or「極北の激憤」で一気に削ります。※10点程度なら一気に削れるます。

※「ヴァイ」に対して「アイオニアの意志」を使用し、イルーシブでダメージを与えられるターンを増やします

対イルーシブアグロ

・プレイングについて

相手の「グリーングレイドの二人組」、「影の暗殺者」、「孤高の僧」と相打ちにならないように「アイアンエリクサー」などを使用します。

特にこのデッキに対して、「ゼド」のアタックを防ぐのが難しいため「ゼド」はかなり有効です。

特に注意すべきカード

「グリーングレイドの二人組」、「孤高の僧」

「ノクサスの狂熱」、「皆殺しの斧」

「ノクサスの狂熱」と「皆殺しの斧」だけで7点もらいます。

「均衡の命刀」を4ターン目など早めに出して回復しましょう。

対留まりOTK

・プレイングについて

「魔樹の獣」、「貪欲なブッチャー」展開→「枯れ地の世話人」→「カリスタ」

この動きは勝てません。

これを防ぐために・・・

  • 「カリスタ」を進化させないために「カリスタ」に「アイオニアの意志」を使う
  • 「苗木」に引っ張られたユニットを「アイアンエリクサー」などで守る

ことが重要になります。

イルーシブに対しての耐性が全くないのでユニットを守れればほぼほぼ勝てます。

採用理由について

〇「オーメンホーク」について

「ナヴォリの密謀者」で使い回せるのでステータスを底上げします。現環境はピルトーヴァーが多く、除去カードのダメージから耐えられるステータスにすることが大切なので採用されています。

おわりに

プレイング次第で勝率がどんどん変わるので是非練習してみてください!

正直ゼドがなくても他のカードで代用しても使えないこともないので安くすませることもできます!!(孤高の僧とか)

ランクで手っ取り早く勝ちたい方は是非使ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このチャンピオンを使った他のデッキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました